バストアップして見せる正しいブラジャーのつけ方

自分の乏しいバストにがっかりする前に、ブラジャーのつけ方を見直してみませんか?バストを形作るのは脂肪であるため、年齢と共に垂れ下がったり、形が悪くなることもあります。

ですが、自分のバストに合ったブラジャーをつけることで、きれいなバストをキープしたり、バストアップすることも可能です。

バストアップには正しいブラジャー選びが大切

バストアップして見せる正しいブラジャーのつけ方

自分に合ったブラジャーを選ぶために、必ず試着するようにしましょう。試着の際のチェックポイントは以下になります。

  • カップの上辺や脇から肉がはみ出たり、浮かないか?
  • 前の中心部分が食い込んだり、浮いていないか?
  • アンダー部分がきつかったり、ずれたりしないか?
  • ストラップが食い込んだり、ずれないか?
  • ワイヤーが食い込んだり、痛みがないか?

バストアップのために、一つ一つチェックしながら自分に合ったブラジャーを選ぶようにしましょう。

育乳ブラと呼ばれる大きめカップで脇や背中の脂肪を集めて胸を育てる補正下着もありますので、選択肢に加えるのもおすすめです。

バストアップして見せるブラジャーのつけ方

バストアップを効果的にするための正しいブラジャーのつけ方

自分に合ったブラジャーを選んだら正しいつけ方をマスターし、バストアップを実現しましょう。

ブラジャーの正しいつけ方は、ストラップを肩にかけ、やや前屈みになりながらバストにブラジャーを被せて、ホックを留めます。次に前屈みの姿勢のままブラジャーの下部分を左手で押さえ、右手で脇や背中から脂肪を集めて中央に寄せながら入れていきます。

反対側も同様に行い、上体を起こしてストラップの長さを指1本入る程度に調節します。

正しくブラジャーをつけるポイントは、鎖骨と鎖骨の間の中央の点とそれぞれのバストトップを結ぶと正三角形になるように整えることです。

バストアップを阻害するNG行動

バストアップを効果的にするための正しいブラジャーのつけ方

家にいる時や寝る時、運動する時に、ブラジャーをつけないのはNGです。バストは脂肪ゆえにつぶしたら形が悪くなるし、揺らすとバストの脂肪も燃焼してバストが萎むことになります。家にいる時や寝る時、運動する時も必ずブラジャーを着けるようにしましょう。

ただし、寝る時や運動時は専用のブラジャーをつけることが大切です。寝る時には眠りを妨げないようにゆったりとしていながら、寝返りしてもバストの脂肪があまり動かないように設計されたナイトブラを着けるのがおすすめです。

運動時には、バストの振動を抑えつつ形をキープし、動きを制限しないスポーツブラを身につけましょう。

バストアップのためには正しいつけ方で

バストアップするためには、自分に合ったブラジャーを選び、正しいブラジャーのつけ方をマスターすることが大切です。ブラジャーをつけたときだけでなく、こまめにブラジャーからはみ出た脂肪を詰め込むようにして美しいバストを目指したいですね。